MENU

語彙集

お金をすぐ借りるなどの、キャッシング特有の言いまわしってわかりにくいというかムカつきますよね?

 

むずかしい文字ばかりでちんぷんかんぷん・・・

 

たしかに即日でキャッシングを焦っているとあまり気にならないかもしれませんが、

 

へそくりを借り受けるときに善悪念頭においてほしいキャッシング言語を集めてみたので

 

何かの参考になれば幸いです。

 

題して、キャッシングマニアの金融言語研修、始まるよー!

 

 

 

ハロー、全国の金欠日本人の皆さん!

 

語彙集
ごきげんよう。

 

わしはキャッシングマニア、キャッシング歴30層の廃人じゃ。

 

ストリートの全てからは金融機関の子分と嫌われているよ。

 

キャッシング言語は世生活を送るうえでは全くなじみが乏しい

 

(まあほとんどの皆さんはへそくり欲しさに全く気にしていないがな。)
じゃから難解な金融言語を、こういうキャッシングマニアがわかりやすく解説してゆくぞ

 

では、富と、念願と、キャッシングの背景へ、レッツゴー!

 

ではおみやげする第始まりは、、、転勤一報じゃ!

では早速いってみようか!

 

こういう転勤一報とは、簡単に説明すると、ズバリブラックリストじゃ!

 

転勤一報の部品は
延滞や負債不履行になった人の一報が記録されていらっしゃる。
しかもこういう一報は金融機関はもれなくチェックしているんじゃ。
じゃから出向くところTOPで過去の滞納なんかをごまかしても、根こそぎオミトオシというわけじゃな!

 

これをチャラに講じるツボは残るにはあるんじゃが、
滞納富を支払ったうえで、さらに5層たたなければならないという、とても厳しいアイテムなんじゃなあ。

 

全てもくれぐれも支出日には気を付けてキャッシングやるんじゃぞー。

 

ではここで一句。

 

審査落ち 過去の滞納 思いだす

 

全ても 即日 現金じゃぞー。

 

 

 

今回日のふところは、そうじゃな、リボルビング手法じゃ!

リボルビング手法とは、クレジットカードを持っている皆さんはご存知じゃな?

 

通常の貸付とは違って、どれだけ高い小物を買っても、月々の返済額は規定に上るという手法なんじゃ。

 

じゃから、たとえば50万円の目覚ましを月額5000円のリボ支払いで購入して、そのあとにまた30万円のバッグを買っても、月に5000円しか払わなくても良しという目論見なんじゃ。

 

じゃがこういうリボ支払いには落とし穴があって、あんな無茶な借り入れをするうちに雪だるま式に月賦が膨らんでゆくと、

 

永久にへそくりを払い積み重ねるはめになるんじゃ

 

もちろん利息というものが鳴るから、最終的に支払うへそくりは途方もない金額になっていることも多いんじゃ!

 

こんなの支払うぐらいなら、キャッシングしたほうがましじゃな

 

ここで一句 リボ払い 10層過ぎても リボ払い

 

全ても即日 現金じゃぞー!

 

今回のふところは、適当集成じゃ!

適当集成とは、法的なエントリーで破産するのではなく、

 

金融機関とのカウンセリングで月賦の支払いをすることじゃ。

 

たとえば500万の月賦があって、どうしても支出が困難になった顧客が、
店先と交渉して、元金のみの貸付で妥協してもらうというようなフィーリングじゃ!

 

もちろんワシところのようなアマチュアの相談なんか聞いてはくれんから、そこはコマーシャルでやっていらっしゃるようなルールオフィスにお願いする目論見なんじゃが、

 

連中も有志でやっておるわけではないからのう。

 

もちろんそれ相応のへそくりを支払うんじゃ。

 

月賦を払い終えたのちでも、今度は弁護士にへそくりを払い積み重ねるんじゃな!

 

もちろんいつの店先ももう二度とへそくりを貸してくれんじゃろうしな!

 

ではここで一句 弁護士に 支払うへそくりの 貸出組む

 

全ても即日現金じゃぞー!